住まいの設計
綿密な調査に基づいた強固な地盤に、
躯体をしっかり支えるベタ基礎採用。
地盤に適した基礎構造は住まいの耐震性を高める基本です。
「セラフィーコート」はスウェーデン式サウンディングと呼ばれる現在最も普及している地盤調査方法を採用しています。
さらに、基礎工事は建物をしっかり地盤に固定する最も大切な工程で、「セラフィーコート」では、耐久性に定評のある「ベタ基礎(建物部分全面に鉄筋コンクリートを敷き詰める基礎工事)」で強固な躯体を実現しています。
住宅設計
基礎パッキン採用。
床下は湿気がこもりやすく、腐朽菌などの繁殖が進みやすい場所です。
「セラフィーコート」では、床下の換気も重要ポイントと考え、基礎パッキン工法を採用しています。
基礎パッキン工法とは、基礎と土台の間に「パッキン」をはさみ込み、土台からの湿気を基礎へ浸透するのを防ぎ、建物の耐久性を向上させる効果があります。
住宅設計
家全体をすっぽりと断熱材で包み込む。
だから、夏涼しく、冬暖かい住まい。
四季がある日本の住宅は、夏の暑さと冬の寒さに対応しなければなりません。
「セラフィーコート」では、2×4工法、複層ガラスの加え、家全体を断熱材で包み込み、断熱性効果をさらに高めました。
省エネ効果も大きく、地球環境と家計に優しい住宅といえます。
1.断熱性の向上
他の住宅建材よりも熱が伝わりにくいため、室内の熱を外に逃がしません。
優れた断熱性で夏涼しく、冬暖かい室内環境をつくります。
同時に冷房効率も高めるため、光熱費の大幅節約にもつながります。
2.結露防止
室内の急激な温度変化を抑えるため、結露を防止します。
3.耐熱性の向上
70度の高温でも断熱材に変化がなく、万が一の火災時でも火が遠ざかると自然に消える自己消火性も高いです。
4.撥水性の向上
ポリスチレンフォーム断熱材を使用しており、完全独立気泡で構成されているため吸水率は極わずか。
優れた撥水性でいつまでも安定した断熱性を保ちます。
5.耐久性の向上
結露を抑えることで湿気が少なくなり、建物を支える木造の腐食やカビを防ぎます。
6.安全性の向上
結露を防ぐことで、アトピーの原因とも言われるカビの発生を抑え、健康的にもうれしい効果を発揮します。
また、火災時の有毒ガス発生も、桧などの木材に比べ、1/5程度という実験結果も出ています。